Art Traveling for KIDS

子どもが楽しめるアート情報を旅するように探します

スミソニアン博物館の『ラーニングラボ』がすごい。可能性が広がるオンライン教材

博物館としても"でかい"ですが、webサイトもすごい。

スミソニアン博物館

一回の記事ではまとめきれないほどwebサイトも充実しています。というのも、教育機関としての使命を果たすべく、様々な取り組みを行っているからです。

 

f:id:hipopocroco:20200608005659j:plain

スミソニアン博物館とは、ワシントンD.Cとその周辺にある博物館群の名称で、19の博物館、教育研究機関の集合体です。イギリス人科学者ジェームズ・スミソンが寄付した遺産をもとに1848年に設立されました。その目的は、人類の知識と向上と普及を図ることなので、科学、産業、技術、芸術、自然史に関するものが展示されています。

 

そして、今年、約280万点のデータが自由に閲覧することができるようになりました。おかげでいろんな利用の仕方ができるようになっています。

 

今回は、データをどうやって検索し使用できる、そして、先生たちが作ったコレクションを閲覧する方法について紹介したいと思います。

 

スミソニアンラーニング・ラボ

learninglab.si.edu

英語が苦手な方も、chromeGoogle翻訳を入れておけば、瞬時に日本語になります。世界中の教育者が訪れることを想定しているサイト、さすがです。日本語があやしいところだけ、英語にして辞書を引いたりすれば問題なく読むことができます。

ラーニングラボで作品を探してみよう!!

①TOPページはこんな感じ

英語を日本語翻訳すると「へようこそ」になっているのは精度の問題で、、でも、内容はだいたいわかるでしょ?

f:id:hipopocroco:20200607014729p:plain

②検索ページはこんな感じ

TOP➡発見する(Discover)➡虫眼鏡マークで検索

f:id:hipopocroco:20200607014707p:plain

 翻訳しないとこんな感じです。

f:id:hipopocroco:20200607013843j:plain

③検索ワードは英語で。さすがに、日本語では入力しても検索に引っかかりませんでした。

 今回は、Women's clothes 女性の洋服について検索してみました。

検索結果は、8,713点

一番最初に、日本の絵画が載っていたのでクリックしてみました。

f:id:hipopocroco:20200607004956j:plain

 

④画像の詳細が表示されます。スミソニアンは博物館群ですので、こちらの作品が所蔵している博物館サイトが表示されます。

これ、このまま共有できるしプリントアウトもできるのすごい!!!

f:id:hipopocroco:20200607005537j:plain


⑤ちなみに、この作品はNational museum of ASIAN ART というサイトにファイリングされていますが、おそらくこれは、Freer Gallery of Art and Arthur M. Sackler Gallery かと思います。もし、違っていたらぜひ教えてください。

f:id:hipopocroco:20200607005626j:plain

作品をシェアしよう!

Google Classroom』(左から5番目のアイコン)とシェアできるようになっていますね。すごい。さらに、リンクがコピーできるようになっているので、他のミーティングアプリでもガンガン使っていけそうです。

f:id:hipopocroco:20200607023903j:plain

作品をダウンロードしよう!

これが一番びっくりしたこと!なんと、ほんとにフリーダウンロードなんです。

もしかしたら、サインインの必要があるのかな?と思っていたのですが、一元さんがフラッと来てデータを自由に持っていけるんです。これがどんなにすごいことか。とはいっても、今回ダウンロードしたデータは900Kなので用途は限られますが。他の作品では高画質なものもありました。作品によってダウンロードできる種類も異なるようです。

f:id:hipopocroco:20200607023941j:plain

作品を印刷してしよう!

結論からいうと、こちらの作品画像は印刷できませんでした。

作品詳細テキストのみの印刷でした。私が見た他の作品も同じでした。印刷ボタンがあるとはいっても、印刷まですべてできるとは思わない方がよさそうですね。

印刷する前にプレビューボタンで確認してみてください。

▼テキストはこんな感じです。

f:id:hipopocroco:20200607030839p:plain

▼印刷プレビューだと真っ白か灰色になっています。

f:id:hipopocroco:20200607030906p:plain

 

スミソニアンラーニングラボでコレクションを見てみよう

①検索窓に、検索ワードを入れる。

検索結果『Resources』のとなりの、『Learning Lab Collection』をクリックします。

検索ワード『女性の洋服(Women's clothes)』では、24個のコレクションが見つかりました。

f:id:hipopocroco:20200607005747j:plain

②自分に合ったテーマで研究している方のコレクションを探すことができます。

たとえば、こんな感じ。これは、17世紀のファッショントレンドを集めた内容ですね。ここから自分の好きな作品に向かうこともできます。

f:id:hipopocroco:20200607012237p:plain

YouTubeで使い方を確認しよう!

www.youtube.com

ラーニングラボの使い方が分かりやすく説明されています。英語ですが、こちらも自働翻訳ができるのでだいたい分かります。

おわりに

先生が授業で参考資料を見せるときとかめちゃくちゃ便利ですね。

10年前、まだ教師だった時に子どもに見せる資料を求めてどれだけ苦労したか。図書館を渡り歩き、カートに入れて学校まで運び、それを拡大するためにどうしたらいいか、、、、悩み、、、。もう、四苦八苦でした。特に、美術図録ならなおさら。本当に大変だったのです。(そういえば、スライドなんて言うのもありましたね。)

今は便利な時代になりました。

英語のハードルがあるかのように見えますが、Google翻訳をうまく使えばかなりストレスは軽減されますので、ぜひ多くの方に利用してもらいたいなぁと思います。

それにしも、、、スミソニアンの教育普及の取り組みはまだまだたくさんあるのです。

少しずつまとめていきたいと思います。

次回、YouTube動画の自動翻訳についての記事を書きたいと思います。

おまけ

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、こんな図鑑はいかがですか? 

なんでもいっぱい大図鑑 ピクチャーペディア

なんでもいっぱい大図鑑 ピクチャーペディア

  • 発売日: 2016/11/08
  • メディア: 大型本
 

ここから、いろんな知識への興味が広がります。スミソニアンが監修している大図鑑。値段は5,000円とちょっと高めですが、かなり長く使えるので我が家は重宝しています。確か、クリスマスプレゼントに祖父母から頂きました。自分ではなかなか手が出せないのでとっても助かりました。